CATEGORY あの人この人

有名な人、有名じゃない人、知られていないだけかも知れない人。あの人、この人を人物伝として紹介していきます。人は人に学べですからね。僕が学ばせていただいた人たちのことをつれづれに紹介して参ります。

  • 2018.11.20

津川雅彦さんは、ハッタリだと自分を謙遜した

自分はハッタリと言い切った俳優 津川雅彦という俳優が好きです。 2018年8月4日に、亡くなったいまでも好きです。 津川さんは、不思議な俳優で、どんな役にもなりきれるのに、どんな役をやっても津川雅彦という人そのものなのです。 目の使い方、ハキハキした口調、体躯のさばき方。 いつも津川雅彦なんです。 それなのに、劇中の人物が本当にいるかのように感じさせてしまう。 演技力といえばそれまでですが、僕はそ […]

  • 2018.11.20

なぎら健壱さんの澄んだ歌声

東京の郷土を歌うなぎら健壱さん なぎら健壱さんをお笑い出身のタレントだと思っている人は多いみたいですね。 なぎら健壱さんは、れっきとした歌手ですよ。 フォーク歌手。それも澄んだ歌声。ファルセット歌唱。ギターも上手い。 カントリー奏法の達人。 聴いたことがない人は、ユーチューブとかで探してみてください。 それは、日本のフォークソングがポップス要素に傾倒して、やがてニューミュージックへ変貌していく流れ […]

  • 2018.11.20

春風亭昇太さんの静かなる哲学

おだやかな落語家 春風亭昇太さんは、じつに静かで、小さな声で、話します。 笑点の司会としての春風亭昇太さんしか知らない人には意外かもしれません。 いやいや、寄席の高座で春風亭昇太の落語を聴いたことがあるという人にも意外かもしれません。 ハイテンションで、勢いがあって、明るい口調に、オーバーアクション。 新作落語『悲しみにてやんでぃ』の時代から、寄席の高座(舞台)を狭しと語る、ヤングな噺家。それが春 […]

  • 2018.11.20

水木しげるさんの驚くべき肩書き

怠け者じゃなかった水木しげる 水木しげるさんが「怠け者になりなさい」と言っていたのは、ご自分に対してだったのかもしれません。 水木さんほど、勉学熱心で、自分を追求し、資料を整理して、客観的事象を研究していた人はいないんじゃないでしょうか。 僕とのツーショットの背景を見てください。 アルバムが整然と書棚に収められている。 これ全部、水木さん自身が整理しているんです。 写真、新聞の切り抜き、蔵書その他 […]