• 2019.01.01

行く先不明でも、お元気でしょうか。

転居先不明の年賀はがきが22枚、戻ってきた。思うに、手紙やはがきが通信手段ではなくなってきている昨今、ネットでSNSであいさつするのがスタンダードなのかな。転居届も出さないのだろう。でも、それだと「いま」つながっている人たちだけが大切な人で、過去につながっていた人や、ひさしく会わない人とのご縁やご無事ですかという想いはどうなってしまうのだろう。もっとも、僕との縁なんて、その人たちはあてにしていない […]

  • 2018.12.10

記者魂 ネタは失望のなかで拾え

大分県高崎山のおせっかいなおばちゃん 田舎のバスは1時間に2本くらいしかやって来ない。夕暮れはやがて夜の闇を連れてきた。 「浦山さん、間違えとる。バス停はそっちやなか。こっち、こっち」 おばちゃんの声が聞こえた。高崎山サル観察所の事務員のおばちゃんだった。 「大分行きは、こっちのバス停ばい。大分市のホテルもとっとっとよ」 僕は、通りを渡ってきたおばちゃんに手を取られて、別府行きのバス停から大分市行 […]

  • 2018.12.01

60歳

嗚呼高齢者還暦 いやいやぁ、60歳になってしまいました。 還暦ですよ。か・ん・れ・き。 十干と十二支の組み合わせ(干支)が60年に1回だけ一致するので「還暦」と呼びます。 暦が還るのです。戊戌(つちのえいぬ・ぼじゅつ)が60年ぶりに巡ってきたのです。 詳しくは、このへん。ウィキペディア『還暦』(でもこのコラムに戻ってきてね)でお読みください。 20代の頃は60歳なんて、遠ぉーい先のように感じていま […]

  • 2018.11.25

記者魂 フィリピンから来た殴られ屋S

それはバブル経済の頃だった 「試合をするために日本に来たんだよ」と胸を張った。ボクサー、37歳。フィリピンの離島から日本にやって来た。 新宿のサウナ付きビジネスホテルに彼はいた。殴らた顔を腫らして絆創膏を貼っていた。 僕は、そもそも彼を取材のターゲットにしていたわけではない。週刊朝日グラビア班キャップ、M鬼軍曹から、こう命じられたのだ。「おい、浦山。公開スパーリングがある。ひまネタだが、取材に行っ […]

  • 2018.11.20

貧しい人は消費する。豊かな人は投資する。

消費ではなく、投資をしよう ファミレスにはいかない お金を使うなら、消費ではなく、投資をしなくちゃと思います。 こう紹介すると 「お金で好きなものを買うのを我慢して、株とか外為とかGoldを買っておくとか、そういうこと?」 と返事が返ってきそうです。そうじゃありません。 お金を使うなら、自己投資をしよう、と僕は考えているんです。 大切な人をエスコートできるレストランやホテルや料亭をいくつ知っている […]

  • 2018.11.20

記者魂 無理してベンツに乗る教授

それでもベンツ、やっぱりベンツ 医者のベンツ所有率は高い しかし中には、金銭に無理をしてベンツに乗っている医者もいる。 大学病院の医者だ。 そもそも医者はなぜベンツに乗るのか。 『医師転職・開業エージェント』という商売がある。 機関誌を発行している。 転職を例に挙げれば、もっとお金が稼げて、過酷な勤務から離れられて、嫌な上司から逃れられますよ。そんな病院を紹介しますよ的な記事が載っている。 開業も […]

1 7

Category New Article