• 2018.07.14

作家になるための〇〇方法

こんにちは、浦山です。 今回は〜〜〜〜 ここにテキストが入ります。 ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入り […]

  • 2018.06.15

万年筆のこだわり

いまどき万年筆を使っているのは、いまどき懐中時計で時刻を確かめているようなものでしょうか。 執筆をするときは、パソコンを使います。スマホやタブレット端末も使っています。 それでも万年筆を使うのはですね 「考えるスピードと、書くスピードが一致する」 なおかつ 「思考をジャマしないで書くことができる」からなんです。 国産では、パイロット、セーラー、プラチナ、中屋、笑暮屋などを使っています。 海外製では […]

  • 2018.06.15

弟子のこだわり

弟子として入門してくる人について、僕の指導方法をお話ししましょう。 まず希ではありますが、初めから、文が書ける奴、編集ができる奴、絵を描ける奴、歌える奴は、業界とどんどんアクセスさせて成熟するのを待つのが僕の方針です。進路変更大いに結構。 ようするに、業界とのパイプを作ってあげるわけです。 では書くことができない、編集ができない、絵を描けない、歌えない奴はどうするか。 写真を撮らせてみる。料理を作 […]

  • 2018.06.15

健康のこだわり

僕は双極性障害㈼型の精神疾患をわずらっています。 簡単に言い換えれば、そううつ病の軽いヤツってことです。 1週間に1回の精神科への通院を続けています。 抑うつのときは、寝つけない、起きられない、身体が動かない、言葉が出てこない。 気分が落ち込んでふさぎ込むだけではないんです。 これはこれで、つらい。 「躁状態のときは、楽しい考えになってハッピー、ハッピーなんでしょ」 それは先入観です。 思考の暴走 […]

  • 2018.06.15

料理へのこだわり

僕のことを食通だと誤解している人がいます。 違います、ただ、美味しいものを食べたいのです。 麻婆豆腐を作るとき、僕はレトルトの中華のモトを使いません。 挽肉にニンニクと黒砂糖を混ぜ込んで寝かし、豆腐はスーパーではなく豆腐屋で買います。 さて調理開始。豆板醤(トウバンジャン)、甜麺醤(テンメンジャン)、豆鼓醤(トウチジャン)をベースに挽肉を炒め、八角を鍋に入れて基礎の味を作り、豆腐を投入し、ここだと […]

  • 2018.06.15

コーヒーのこだわり

僕がフレンチコーヒーを好むようになったのは、大学に入ったばかりの18歳のときでした。 渋谷の現在のファイヤー通りの近くに「レジュ・ドゥ」というコーヒー専門店がありました。 コーヒー豆は最初から茶色いと思っている人がいるようですが、獲れたてのコーヒー豆は白っぽいです。 これを焙煎(ロースト)するのです。豆を炒るわけですね。 炒る時間によって、ローストの状態は数段階に分かれます。 1、ライトロースト( […]

  • 2018.06.15

ファションへのこだわり

こんにちは、浦山です。 服飾の基本はスーツなのですが、作家でいるときには、いわゆるビジネススーツは着ません。 それが僕の自己中心的なTPOです。 表現者(作家)が、スタイルを持たないなんて、無責任だとまで、僕は傲慢に豪語しています。 基本はブリティッシュ(英国式)のセヴィルロウ・スタイル。 くだけた印象を身にまといたいときには、クラシコイタリア。 シャツはターンブル&アッサー(イギリス)かシャルベ […]

  • 2018.06.13

浦山明俊人生録⑤ – どん底から現在 –

  2014年か2015年あたりから、印刷媒体が手をつけられないくらいに失墜します。 僕は、かつては400文字原稿用紙1枚あたりの原稿料として4万円をもらっていました。 現在はテキスト6000文字を書いても2万5千円にまで原稿料は下落しました。 2015年の春には生活できなくなった57歳の僕は、アルバイト面接に落ちまくって、それでも都心のホテルのボーイに時給980円で雇われます。宿泊客の […]

  • 2018.06.13

浦山明俊人生録④ -弟子と会社 波乱の前兆-

その頃には、僕には弟子が何人か入門していました。 小学生で教壇に立ち、高校で後輩の面倒をみて、朝日新聞社では教鞭に打たれた経験があったからでしょうか。後進を育てるのは好きでした。 イン−ストックは、当初は弟子養成の事務所だったのですが、2000年2月に税理士にそそのかされて法人化してから、魅力的な人材が集まらなくなりました。 僕は一般常識だとか、社会のルールだとかに従ってはダメなんです。 2006 […]

  • 2018.06.13

浦山明俊人生録③ -朝日新聞時代 –

日本に帰った僕に、同じく編集プロダクションから仕事を打ち切られたK君が言います。 「朝日新聞社で記者を探しているけれど、試験を受けてみないか」 こうして僕は朝日新聞社の週刊朝日という雑誌の記者になります。25歳のときでした。 何より、ありがたかったのは午後出社しても怒られないことでした。 だって、編集部の皆様が午後出社だったりしましたから。 鬼軍曹のMキャップからは、ケチョンケチョンに叩かれました […]

Category New Article